過去ログ入り口へ

一括表示

投稿時間:2004/02/10(Tue) 13:39
投稿者名:漣 師月
Eメール:
URL :
タイトル:
「BEYOND THE BOUNDS」の歌詞について
初めまして皆様、漣師月という者です
エジプト関連ページにあった「ANUBIS」というゲームの主題歌なのですが
歌詞について管理人の秋さんの知識を拝借したいのです。

この主題歌の歌詞はフィンランド語と英語に分かれているのですが
英語の部分はゲームの舞台背景を意味するモノだと思うのですが
フィンランド語の部分は色々と意味深な表現でして・・・
ハッキリと言うとサッパリ分かりません_| ̄|○
歌詞載せて置きますね。
英語部を訳した部分は消して置きます。


お前の心臓を私の手のひらにお乗せ
魂は木の枝に
身体は羽根の上に
両目のうち、右眼は焼いてつぶしなさい

東の船は出発を遅らせた
私の羽根なら追いつける
冥界が口を開けて追ってくる
お前を欲しがり口を開けている

王はひときわ喜び人々に滅亡を分け与える
忠実な犬は炎を操り
砂漠は溶けて海になる
その海を渡れる者は眠りの旅から舞い戻る

私の器をお前に空けた
来世の言葉を刻む柱が
天空を支えているうちに
太陽の敵を斬り分けよ


我は時の主人
我は遠方のものを連れ戻すもの
我は二人の戦士を分けるもの
争いの調停者
我は天空の先触れ
我は万物を弾き出すもの
我はマアトを書くもの
我は殺戮の主人


私が見ると、意味があるのか無いのかすら分からない_| ̄|○
読解お願いいたします。
ヘタすると意味はないのかも(;´Д`)

投稿時間:2004/02/10(Tue) 22:51
投稿者名:岡沢 秋
Eメール:
URL :
タイトル:
無い頭で考えてみました。
はじめましてー。

…スンマセン…
ANUBISをプレイしようとしてまだ全く手をつけてない…
.hackとゼノサーガがまだ(モゴモゴ

というわけで、もしかしたらゲーム内容に関係してるのかもしれない部分はちょっとわかんないですが…あれこれ思索してみました。


> お前の心臓を私の手のひらにお乗せ
> 魂は木の枝に
> 身体は羽根の上に
> 両目のうち、右眼は焼いてつぶしなさい

 心臓を載せるものといったら、死者の審判に使われる「天秤」…。ゲームの主要なところに出てくるのが「アーマーン」なので、下記ページの図の状態を表したものではないかと。

http://www.moonover.jp/bekkan/sisya/sisya-gazou.htm

 はかりを下から見上げてる変な動物がアメミット(アーマーン)、秤を持っているのがアヌビス、秤の上に座っている猿がトト(ジェフティ)です。
 トトは猿の姿で描かれる場合と、トキの姿で描かれる場合があり、絵によっては、アヌビスのうしろにトキの姿で死者の名簿を手にしたトトが立っている場合があります。

 「身体は羽根の上に」というのは、真実の羽根の上でしょうか。
 枝というのは、もしかしたら不死鳥のとまる聖木、ペルセアのことかもしれません。
 古代エジプトでは右目は「太陽」を意味するので、右目を焼いて潰せというのは太陽を消して暗くしろということかもしれませんが、もしかしたら違うのかも^^; うーん。


> 東の船は出発を遅らせた
> 私の羽根なら追いつける
> 冥界が口を開けて追ってくる
> お前を欲しがり口を開けている

エジプトの世界観では、太陽は船に乗って運行してます。
こんなかんじ↓

http://www.moonover.jp/bekkan/main/time1.htm

東の船とは、東の地平線から上る「昼の船」、マンデト(マンジェト)のことと思われます。

太陽は毎日、夕方になって地平線に沈むときに死に、朝、日の出とともに東の地平線から蘇って地上に現れるというのがエジプトの神話世界ですが、東から出る船は、太陽の蘇りを意味します。

この船の運行(日の出)が遅れているので、私でも乗り込めます、というのであれば、私も太陽とともに復活できます、冥界から脱出できます。という意味になります。

ちなみに冥界から出る方法は、この「太陽の船」に乗るしかないので、乗り遅れたら復活できません。


> 王はひときわ喜び人々に滅亡を分け与える
> 忠実な犬は炎を操り
> 砂漠は溶けて海になる
> その海を渡れる者は眠りの旅から舞い戻る

忠実な犬というのは、たぶんゲーム内容からしてアヌビスのことでしょう。
ゲーム中でのアヌビスの攻撃って爪でしたっけ。炎は使いましたっけ?^^; 神話のアヌビスは、特に炎を操りはしませんが…

砂漠が海になる、ということですが、まずエジプトでは海=異界のようです。海の塩が忌むべきものとされた地域もあったようで(岩塩を食べてた)、海を渡る交易や冒険はしませんでした。海神もいません。神々の守護領域外です。
砂漠というエジプトの国土が海に沈むというのは、秩序世界の崩壊を意味しているのかも。

ただ、「眠りの旅から舞い戻る」というのは、おそらく死の眠りからの復活を意味しているので、もしかしたら地下の冥界にある水路が地上にあふれ出すということを言いたかったのかも。うーん(−−;

…このパラフレーズは、よくわかんないです。


> 私の器をお前に空けた
> 来世の言葉を刻む柱が
> 天空を支えているうちに
> 太陽の敵を斬り分けよ

天空を支える柱、といえばオベリスク。
…かな?
太陽信仰の象徴でもありますね。

実際のオベリスクは来世の言葉(死者の書とか)を刻む柱では無いので、ここらへんはイメージによる歌詞なのかも。

器って何でしょうね。ゲームの中で言うところのオービタルフレームのことっスかねぇ…。


> 我は時の主人
> 我は遠方のものを連れ戻すもの
> 我は二人の戦士を分けるもの
> 争いの調停者
> 我は天空の先触れ
> 我は万物を弾き出すもの
> 我はマアトを書くもの
> 我は殺戮の主人

↑全てトト神の称号です。
「天空の先触れ」と「万物をはじき出すもの」は聞いたことがないですが…別に実在しても違和感ないです。


 と、いうわけであんまり役に立ちませんでした! スンマセン。
 少なくとも、全く意味ないわけではないですよ〜

 何いってんだかわかんない歌詞だと思ってたんですが(サイトから落としたデモ映像を持っている)、こういうことを行ってたんですねえ。と自分が納得。

投稿時間:2004/02/11(Wed) 01:23
投稿者名:漣 師月
Eメール:
URL :
タイトル:
こういう意味だったのですね〜
読解お疲れ様でした。
いや〜、素晴らしいです!!
図解付きで分かりやすく説明してくださって本当にありがとうございます。

このような事を意味していたのですね。
ちょっと分からない部分もありますが、そこは自分で調べてみます(地下冥界の水路とか
まさか自分の好きなフレーズの部分がトト神の称号を意味するものだとは思いませんでした。
流石は物語の軸となる神+機体です。

またこれからもお世話になります。
コンテンツの追加と管理を頑張ってくださいね。
では、また。

投稿時間:2004/02/12(Thu) 00:21
投稿者名:岡沢 秋
Eメール:
URL :
タイトル:
お役に立ててよかったです。
意外と神話ネタ使ってますよね。何でアラビア語ではなくフィンランド語なんだろ。とは思いますが…

> まさか自分の好きなフレーズの部分がトト神の称号を意味するものだとは思いませんでした。

トトの称号は、一つ一つに神話エピソードがあるので面白いですよ。
アヌビスもたくさんカッコいい称号があるんですよ実は…。
アージェイドの元になったウアジェトにも…

いつか、ちゃんとプレイして、マニアックな検証ページとか創ってみたいですけどね(笑

ではでは。

投稿時間:2004/02/12(Thu) 19:06
投稿者名:漣 師月
Eメール:
URL :
タイトル:
ANUBIS考察ページ、期待しています。
いいですね〜、ANUBIS考察(ツッコミ)ページw
ザコ機体や武器などの元になった神・人物・動物などを解明していったりとか・・・。
お暇があったら是非とも・・・w

一応「BEYOND THE BOUNDS」の歌詞、全て載せておきますね。


原詞

Ranar likul viernopal kar
Ranar likul viernopal
Lenar panar virakeral kar
Lenar panar virakeral
Ehnar lakitu luyarpal kar
Ehnar lakitu luyarpal
Luyan henar terarkel kar
Luyan henar terakeral llukaparsi

Tiernopar ehlkdu rapardu
Lukarmisi porer tirer lupar
Vierllosa tularsi tumirpar
Ehkulur latu retie marar

Tiernopar ehlkdu rapardu
Lukarmisi porer tirer lupar
Vierllosa tularsi tumirpar
Ehkulur latu retie marar

Message of the blowing wind
Erasing memories
Stars are the witnesses of our existence

Change is what the world awaits
Could that be peace or war?
The answer no one knows
Trusting the break of dawn
The blue bird flies away

Ranar likul viernopal kar
Ranar likul viernopal
Lenar panar virakeral kar
Lenar panar virakeral
Ehnar lakitu luyarpal kar
Ehnar lakitu luyarpal
Luyan henar terarkel kar
Luyan henar terakeral llukaparsi

Tiernopar ehlkdu rapardu
Lukarmisi porer tirer lupar
Vierllosa tularsi tumirpar
Ehkulur latu retie marar

Travelling beyond the bounds
We have to teke that step
What are we waiting for? It's now or never

Fear to see "The World to Be"
Is why we hesitate
Repeat the same mistake
Hoping to break new ground
The blue bird flies away

Pa laktu vimaturesi
pasi lameta vimaturesi
Lanasidu kisaturesi
makipa sela nitaturesi
Pasira laktu vimaturesi
pasi lameta vimaturesi
Lanasidu kisaturesi
makipa sela nitaturesi
Pasila

Reaching out to catch the sun
To hold it in our hands
Longing for something strong to hide our weakness

Soon the light may disappear
Nothing is meant to last
Yet we believe our world
Searching for happiness
The blue bird flies away


訳詞

お前の心臓を私の手のひらにお乗せ
魂は木の枝に
身体は羽根の上に
両目のうち、右眼は焼いてつぶしなさい

東の船は出発を遅らせた
私の羽根なら追いつける
冥界が口を開けて追ってくる
お前を欲しがり口を開けている

東の船は出発を遅らせた
私の羽根なら追いつける
冥界が口を開けて追ってくる
お前を欲しがり口を開けている

吹きすさぶ風のメッセージ
記憶を消していく
星は私たちの存在を見届ける生き証人

世界は変化を待ち望んでいる
それは平和、それとも争い?
その答えは誰も知らない
夜明けの瞬間に思いを託して
青い鳥は飛んでいく

王はひときわ喜び人々に滅亡を分け与える
忠実な犬は炎を操り
砂漠は溶けて海になる
その海を渡れる者は眠りの旅から舞い戻る

私の器をお前に空けた
来世の言葉を刻む柱が
天空を支えているうちに
太陽の敵を斬り分けよ

境界線を越えて旅立つ
その第一歩を踏まなければ
何を躊躇しているの?今行かねば永遠に行かれない

「その先の世界」を見るのが怖い
だからこそためらっている
同じ過ちを繰り返す
新しい大地に希望を抱いて
青い鳥は飛んでいく

我は時の主人
我は遠方のものを連れ戻すもの
我は二人の戦士を分けるもの
争いの調停者
我は天空の先触れ
我は万物を弾き出すもの
我はマアトを書くもの
我は殺戮の主人

太陽をつかむために腕を伸ばす
手の中に納める
自分たちの弱さを隠すために強いものに憧れる

そのうち光は消えるかも知れない
永遠なものなんて無いのだから
それでも私たちはこの世界を信じる
幸せを求めて
青い鳥は飛んでいく

投稿時間:2004/02/28(Sat) 23:29
投稿者名:岡沢 秋
Eメール:
URL :
タイトル:
ヴァイオラに勝てません。
Easyモードなのに。クソッタレ!
敵にツッコミ入れてるヒマが無ェ!

R2ボタンでダッシュしているうちにアタマがクラクラしてきて、板を掴んでるどころじゃないっスよマジで。

ジェフティがネフティスに4,5回殺されました…
回転しながらネフティスが襲ってきます。
怖いです。
怖くて必死で逃げているうちにどんどん体力が減っていきます。
姉さん…、イシス姉さん、あの人を止めてくださいよーーー(涙


と、いうわけで今日はもうヤメタ。

投稿時間:2004/03/01(Mon) 17:12
投稿者名:漣 師月
Eメール:
URL :
タイトル:
ヴァイオラ+ネフティス攻略
こんにちは、またカキコさせていただきます。

一回目のバフラム戦艦潜入時のヴァイオラは遠距離ではショットとホーミングレーザー。
近距離では背中の円型ブレードで斬ってきます。
遠距離時に柱を掴んで様子見をしつつ、何もしてこなかったら柱を投げましょう。
近距離時は無理に柱を投げずにガードは使わず回避しましょう。

二回目のゲートのロックを解除した場所でのヴァイオラは遠距離は体当たり、たまにショットです。
近距離は円型ブレード。
ヴァイオラが遠距離でウロウロしている時に板を掴み
動きが止まって赤く発光したら板でガードです。
体当たりをしてきますので板でガードをしたら、ネフティスのシールドが一瞬壊れます。
そこにすかさず1セットコンボです、追撃に自信があるなら追撃もどうぞ。
以下繰り返しです。

3回目のバシリア居住区戦闘でのヴァイオラは遠距離ではショット、体当たり、ホーミングレーザー。
近距離では円型ブレードです。
此処はエイダの指示通りに4方に張られた電磁ネットを使えばオーケーです。
ヴァイオラの体当たりを誘う→避ける→電磁ネットに引っ掛ける→ブレードで攻撃
で倒せると思います。
ガントレットで吹き飛ばして電磁ネットに叩き付けるのも有効です。

4回目のエネルギー施設戦闘でのヴァイオラは遠距離では主に体当たり
近距離では円型ブレードです。
此処にはクラッドというジェフティを引き寄せて拘束したり、壁に体当たりする敵が居ます、気をつけてください。
此処での戦闘は狭いです、近距離攻撃はガードで防ぎましょう。
ただし円型ブレードを体に纏っての攻撃はガードできませんので注意です。
狭い場所なので近距離ではガントレットが有効です。
壁に叩き付けてどんどん追撃しましょう。
体当たりはクラッドを盾にして防ぎ、追撃しましょう。
たまに上or下から体当たりしてくることもあります。
ネフティスが逃げたら大抵は体当たりの合図なのでクラッドを掴んでおきましょう。

5回目のアージェイト寄生の時はエイダの指示通りにしていれば問題ないと思います。


攻略にお役に立てることを祈りつつカキコです。
ちょっとネタバレでしたらゴメンナサイ(汗


過去ログ入り口へ