過去ログ入り口へ

一括表示

投稿時間:2004/04/23(Fri) 23:20
投稿者名:仁史
Eメール:
URL :
タイトル:
サガに登場する人物の見分け方
お久しぶりです。

質問は、別々のサガに登場する人物の判別方法です。

まず、サガにはさまざまな人物が登場しますが、大抵の人物にはあだ名がついています。

例)白毛のギツル
  鱈噛みのソルステイン

いくつかサガを読んでいると、別のサガどうしであっても、どう見てもこれは同一人物だろう、という人物が登場します。

例)(ヴィーンランドに行った)赤毛のエイリーク
  美髪のハラルド王

ヴィーンランドに行った、ということが書いてあったり、王様をつとめたハラルド、なんて人物はそうそう二人も三人もいないだろうから、これは絶対に同一人物だ、と見当をつけているのですが、

孔雀のオーラーヴ
雄鮭のケティル

くらいのもう少し知名度の低い人物になると、他のサガにも登場したような記憶はあるのですが、同一人物かどうかは自信が持てません。

というのも、あだ名が同じなら同一人物なのだろうと判断すれば良いのだろうか……と、思っていたら、「ニャールのサガ」だけでも、

白毛のギツル、白毛のフローズゲイル、白毛のダーヴィーズ、白毛のアームンディ、白毛のソルステイン等々(先祖の名前を挙げているだけの例を含む)

と何人も登場し、名前の方を見れば、皆ソルステインとかヘルギとかグリームとか、似たような名前が多く、その上、

彼らは騒ぎのケティルの息子たちで、ケティルは賢者シズランディの子であり、シズランディは騒ぎのケティルの子で……
英才のソルケルとソルヴァルドの母は英才のソルケルの娘ユングヴィルド
(どちらもニャールのサガ、アイスランドサガ・新潮社・谷口幸男・788ページ)

という文章を見つけてしまったのです。
上の文章が誤植だったり、私の解釈が変だったりしない限り、どうも血縁の同名の人物に同じあだ名がついているようなのですが……。
どうやって別のサガどうしの人物が同一かどうか見分けたらいいんでしょうか? 
地道に先祖の名前を比べたりして、「これは同一人物の可能性が○○パーセント」とかやっていくしかないでしょうか? 

投稿時間:2004/04/24(Sat) 18:15
投稿者名:岡沢 秋
Eメール:
URL :
タイトル:
どもども。お久しぶりです
んーと。これはまた結構イイところ突かれました(笑

あだ名以外に、私は家系図で判別しますかね…。
サガの中には、「〜の子〜の兄弟 xxxが居た」みたいな感じで、初登場の重要人物には必ず家系の説明がついてきますよね。

その家系図が、別のサガに出てくる同じ人のものと重ねたときにマッチするかどうか…。


あとは、サガの解説本を見たとき、「xxのサガに出てくるooと、xxのサガに出てくるoooは同じ」なんて書かれていることが多いので、それを手がかりにしてます。

あと、サガに書かれている時代は、「英雄サガ」や「伝説サガ」でない限りは、だいたい数百年の間の、わりと狭い時代のことを物語っています。(アイスランド発見から、キリスト教到来後のすこしの間まで)

ですので、サガに登場する、あだ名まで同じな人物は、かなりの確率で同じと見なしていいと思うのですが、厳密には、その人の家系図で判別するという方法では、いかがでしょう。

投稿時間:2004/04/26(Mon) 21:16
投稿者名:仁史
Eメール:
URL :
タイトル:
Re: どもども。お久しぶりです
回答ありがとうございます。
やっぱり厳密には家系図とか資料本とかでチェック、という感じでいいんでしょうか。

その後、べつな本を読んでいたら、当時のアイスランドの生産性は非常に低く、人口は約六万人、てな文章を見つけました(アイスランド・サガ――血讐の記号論――40ページ)。
想像以上に人口が少なかったみたいです。
これなら、「めんどり」だの「蛇舌」だの、一般的過ぎないあだ名さえついていて名前が同じなら、とりあえず同一人物、と考えてよさそうです。


過去ログ入り口へ