サイトTOP別館TOPコンテンツTOP

第二中間期 第17王朝

カメス

在位年代;前????−1540年
誕生名:カメス(カーメス、の場合も)
即位名;ウアジケペルウラー(ラーの顕現は咲き誇る)
治世;3年(?)

王朝の首都; テーベ 埋葬地;テーベ西岸 出身地;

家族構成; 兄弟?/タア2世 娘?/スィトカァモセ

Data;
タア2世の急死に伴い、急遽王位を継いだと思われる人物。おそらくタア2世の兄弟。カメスの次の代はタア2世の実子イアフメス1世が即位する。この時代には中部エジプトまでの治安が回復されている。

Background;
西部砂漠のバハリア・オアシスへ侵攻した際、ヒクソスがヌビアに放った密使を捕らえ、共闘を阻止する。
その後、ヒクソス軍への奇襲に成功し、追いやることに成功するが、治世は短かかった。彼の質素なリシュト棺はテーベ西岸から発見されている。エジプト統一は、この王の次のイアフメスの代に成功し、第18王朝が開始される。