サイトTOP .. 別館TOP .. コーナーTOP

ベヌウ Benu

古代名:ベヌウ、ベンヌ、ベヌ/ギリシア名:−/別称・別綴り:−
性別:オスかもしれない


――――丘に立ち上がる不死鳥

主な称号
ラーの魂、聖年祭の主人

主な信仰
名前は、エジプト語の「ウェベン(立ち上がるもの)」から来ているとされる。
主にヘリオポリスで信仰され、聖木として太陽信仰と結びつく、イシェドの木(ギリシア語名はペルセア)に留まるとされた聖鳥。
一般にはアオサギ(Ardea cinerea)の姿で描かれる。

* 死者の書に描かれるアオサギの姿。青い。


*ただし、良くあるパターンですが現実のアオサギはあんまり青くありません…。
宗教文書に添えられるイラストの色は象徴的な色です。ハイ。
ジト目


原初の神アトゥムの化身として、混沌の中にあった世界に初めて泣き声を発し、有と無を分けたという。また、原初の海より太陽の卵が生まれたとき、その卵を抱いて孵化させたとされる。
そのため「太陽の魂」と呼ばれる。(メスではないので、母ではないらしい。)

太陽神ラーの魂としては、毎朝ごとに再生を繰り返す太陽と同じく不死鳥であり、自ら死と再生を繰り返すとされた。ギリシア神話のフェニックスの原型だが、エジプトの不死鳥は火に飛び込んで死ぬわけではなく、500年ごとに年をとって自然死し、若返って復活するものであったようだ。

ベヌウの再生と復活のサイクルは、早朝の空で太陽とシリウス星が出会うヘリアカル・ライジングのような特別な天体周期と関係があるのではないか、という説もあり、再生復活に関ることからオシリスとも結び付けられている。

重要な神ではあるが特に自我というものが設定されておらず、神話に登場することも、独自の教義をもつこともなかった。

神話
・ヘリオポリス系の神話に組み込まれている。
・神というより聖なる鳥、再生・復活と、沈んでは昇る太陽の象徴。

聖域
ヘリオポリス

DATA

・所有色―白、灰青
・所有元素―大気、火
・参加ユニット―なし
・同一化―なし
・神聖動物―アオサギ(ふるい時代にはセキレイだった説がある)
・装備品―なし



【Index】