サイトTOP .. 別館TOP .. コーナーTOP

ブキス Buchis

古代名:ベク、バァク/ギリシア名:ブキス/別称・別綴り:-
性別:男性


――――太陽と冥界の間を行く聖牛

主な称号

主な信仰
上エジプトの戦神、モントゥの聖牛。ラーとオシリスの聖なる肉体とされた。
聖牛の特徴は、「白い体」と「黒い顔」。紀元後5世紀ごろのローマ人、マクロビウスによれば、「一時間ごとに毛色が変化」し、毛が後ろ向きに生えていたという…。(ほとんど妖怪じゃん。とツッコんだのは、きっとオレだけではあるまい)

他の聖牛、アピスやムネヴィス同様、大切に飼われ、死ぬと、ルクソールの南、ヘルモンティスに埋葬された。

神話


聖域
ヘルモンティス(アルマント)

DATA

・所有色―
・所有元素―
・参加ユニット―
・同一化―
・神聖動物―
・装備品―


【Index】