サイトTOP .. 別館TOP .. コーナーTOP

ヘケト Heket、Heqet

古代名:ヘケト、ヘカト/ギリシア名:−/別称・別綴り:−
性別:女性


――――無限の母なる生命神

主な称号
ヘル・ウルの女主人、ラーの口から生まれたもの

主な信仰
蛙の姿をもつ、出産・多産の女神様。頭部がカエルの女性で表されることが多いが、完全なカエルの姿なこともある。お守り
カエルが出産に結び付けられたのは、いちどにたくさん卵を産み、たくさんの子供を持つからだろう。
ちなみにヒエログリフでは、10万という数字はおたまじゃくしの絵であらわす。 → 参照>>古代エジプトの数字

一般的には、人類創造の神クヌムを夫とする。同じく出産の女神である、メスケネトとペアで出産を見守ることも。
クヌムがろくろで子供の肉体を創造し、ヘケトが生命を与え、母親の胎内から登場する最後の段階ではお産の女神メスケネトが守護、…と、いった流れのようである。

生まれてくる子供たちに命を吹き込むところから、ヘケトは生命を与える魔術師でもあった。
蘇生、復活を象徴し、オシリスの復活にも立ち会うことがある。
王の母と呼ばれているところから、王族の出産もサポート範囲だった模様。

また、神官が「神の召使い」と呼ばれるように、産婆たちは「ヘケトの召使い」であった。カエルの護符は女性、とくに妊婦に人気が高かったらしく、うずくまるカエルの護符は多数出土している。

下の図は、デンデラのマンミシ(誕生殿)に描かれている、夫クヌムがろくろで作った王の肉体に魂を吹き込んでいるシーン。
子作りは、ご夫婦の共同作業です。(意味深)



神話
・エジプト神話でカエルといえば、創世神オグドアド(八柱神)の女性のほうもカエルでした。

・カエルは、キリスト教時代に入るまで復活・多産の象徴だったようです。

聖域
ヘル・ウル、エスナ、クース、ヘルモポリス

DATA

・所有色―緑、黄
・所有元素―水
・参加ユニット―ご家族<クヌム、ヘケト、ヘカ>、出産に立ち会う同僚<イシス、ネフティス、メスケネト、ヘケト、クヌム>
・同一化―ヌト(原初の水つながり)
・神聖動物―カエル
・装備品―生命の象徴アンク



【Index】