サイトTOP別館TOPコンテンツTOP

播種季 第一月 タ=アアベト

-?月-

字義通りに理解すると"東の土地"? 別名「小麦の膨らむ月」

月の名称 現代暦換算 表記方法 その他綴り
古代エジプト暦 播種期 第一月 タ=アアベト 11/16-12/15
コプト暦 播種期 第一月 テュビ/トバ 1/9-2/7
(閏年の場合は1/10から)
Toba


前の月   入り口へ戻る   次の月

播種季
第一月
古代エジプト暦 コプト暦 古代のイベント名・開催場所


一日目 11/16 1/9 地域;メンフィス、アビドス、メンデス、ブシリス
豊穣を祈願する「大地を開く祭儀」。
ナイルの水位が下がり、増水によって水に隠れていた耕地が再び現れる農耕の始まりシーズンを告げるお祭り。前の月の月末から始まる。ヘリシェフ神が重要な役割を担う。
二日目 11/17 1/10
三日目 11/18 1/11
四日目 11/19 1/12
五日目 11/20 1/13
六日目 11/21 1/14
七日目 11/22 1/15
八日目 11/23 1/16
九日目 11/24 1/17
十日目 11/25 1/18



一日目 11/26 1/19
二日目 11/27 1/20
三日目 11/28 1/21
四日目 11/29 1/22
五日目 11/30 1/23
六日目 12/1 1/24
七日目 12/2 1/25
八日目 12/3 1/26
九日目 12/4 1/27
十日目 12/5 1/28 地域;コム・オンボ  ハロエリス神の祭儀。



一日目 12/6 1/29
二日目 12/7 1/30
三日目 12/8 1/31
四日目 12/9 2/1
五日目 12/10 2/2
六日目 12/11 2/3
七日目 12/12 2/4
八日目 12/13 2/5
九日目 12/14 2/6 地域;テーベ バステト女神の祭り
大行列でねり歩く。
十日目 12/15 2/7

【この月に行われる日程不明の祭り】

「聖なるハヤブサの戴冠の儀式」
地域:エドフ
ハヤブサの中からホルスの化身となる一羽が選ばれ、王と一体化するという儀式が行われた。

「ネヘベカウの祭り」
ネヘベカウは、セルケトと結びつきのある蛇神の名前。
ソカリスの祭りの終了後、1ヶ月+15日(35日)経過後に行われた。メンフィスで行われた「ソカリス祭」で演じられたのと同じ、ホルスによるセト(セトが象徴する、王権を脅かす存在)の調伏が再び演じられた。ホルス神としての王の誕生を象徴する。

「ミン神の祭り」
どういう内容かは分からないが、ミン神が豊穣の神であることから推測して、農耕の開始される最初の月に、神に豊かな実りを祈ったものと思われる。

「ムトの旅立ち」
ムト女神の祭りがあったようだ。


前の月   入り口へ戻る   次の月