サイトTOP別館TOPコンテンツTOP

中王国時代 第13王朝

ネフェルヘテプ1世

在位年代;前??? −???年
誕生名;ネフェルヘテプ(美しきも、満足するもの)
即位名;カーセケムウラー(力強きラーの魂が輝かしく現れる)
治世;10年程度

王朝の首都;イチイタウィ  埋葬地;  出身地;

家族構成; 父/ハアンケフ、母/ケミ、妻/セネブセン、兄弟/スィハトホル、セベクホテプ4世

Data;
ナイル上流、アスワンにあるセヘール島の碑文から、家族構成が判明している。兄弟二人と共同統治を行っていたようだ。
結婚したのは即位後と見られている。
彼の何代かあとの子孫と思われるハトシェプストはセベクヘテプ5世または6世の子孫と思われるネフェルヘテプという人物と結婚しており、王族と有力豪族の家系が複雑に繋がっていることを思わせる。

Background;
記録の少ない第13王朝の王たちの中では例外的に多くの記録が残されており、活動範囲は東のレバノンから南のブヘンまで幅広い。