サイトTOP .. 別館TOP .. コーナーTOP

シェド Shed

古代名:シェド/ギリシア名:-/別称・別綴り:-
性別:男性


――――毒より人を守りし者

主な称号

主な信仰
王権との結びつきは薄く、民間信仰、特にテル・エル=アマルナのような職人村で信仰された神。そのため図や像があまり存在しない。信仰が存在した証拠が見つかっているのは新王国時代以降だが、おそらくそれ以前にも信仰はされていたと思われる。
子供の姿で表現されるため、「幼児ホルス」と同一視された。そのため、末期王朝時代以降は「キップス」と呼ばれる魔よけの像の中に吸収されていく。ライデン所蔵
サソリ、ヘビ、ワニなど悪しきものから家人を守り、獲物(恵み)を家に引き入れるという男性神で、サソリの図が添えられることから、とくにサソリの毒から守ってくれる神様だったようだ。右図ではワニをふみつけ、獲物を捕らえている。「安静」を意味する言葉、「ジェド」と音が似ているが関連はなく、名前の意味は「救うもの」あるいは「魅惑するもの」だと考えられている。

神話
・同じく毒から人間を守ってくれる女神にセルケトがいるが、直接関係があったかどうかは不明

聖域
特に神殿は持たず、個人宅の礼拝堂(神棚?)に祀られていたようだ。

DATA

・所有色―
・所有元素―
・参加ユニット―
・同一化―幼児ホルス
・神聖動物―
・装備品―


【Index】