サイトTOP別館TOPコンテンツTOP

初期王朝時代 第2王朝

ヘテプセケムイ

Hetep-sekhemwy

在位年代; 紀元前2723年-?
ホルス名;ヘテプセケムイ(王権において満足する)
即位名;ヘテプ(満たすもの) Hetep
マネトー名;ボエトスBoëthôs
治世年; 25-29年

王朝の首都;メンフィス  埋葬地;サッカラ(アビドスにも墓は作っていた) 出身地;ティス

家族構成;不明

Data;
この時代、ヌビアのエジプトに近い地方で人口が減少。それに伴い、エジプト王朝のヌビアでの活動が活発化するが、二つの現象の因果関係はわかっていない。

この王の遺物はサッカラとアビドス双方から発見されている。マネトーは在位を38年としているが、現在までの証拠としては30年目以降のものはないため、実際の即位年は30年以下と見積もられている。

第二王朝について

第一王朝から第二王朝へは、特に大きな変化があったわけではない。
ただ、第一王朝に比べ記録が少なく、最初の五人の王たちについてはデータがほとんどない。
ヘテプセケムイ、ラーネブ、ニネチェルについては、これらの王たちに仕えたヘテプ・ディフという人物の彫像に名前が刻まれている。